写真撮影に必要なもの

写真撮影の際に必要なものがあります。それは三脚です。

三脚

とはいえ、必ずしも必要というわけではありません。構図を決めて撮影する場合、露光時間が長いと場合、望遠レンズを使う場合などに必要です。

三脚は重くて太いものほどベターです。安定した状態での撮影が可能です。その反面、携帯できないというデメリットがあります。

三脚だけでは安定した撮影が不可能な場合、フックに重しを吊るすとよいでしょう。また、三本の脚とセンターポールとを繋ぐステーと呼ばれる部分の上に重りを置いて安定させることもできます。

収納時の長さ、脚部の段数、水平器の有無、カメラを固定する台座の取り外しの可否など、状況に応じた臨機応変な対応が肝要です。