一眼レフカメラの構造

一眼レフカメラでは、ファインダーを覗いた時に見える全く同一の画像を撮影することができます。撮影者にとって、狙った構図で写真が撮れることは大変有り難いことです。

それを可能にしたのが「プリズム」と呼ばれる光学部品です。ガラスなどで作られており、入射光を全反射させる機能があります。一眼レフカメラに使用されるプリズムは、「五角形のペンタプリズム」と言います。

画期的なプリズム

カメラのレンズを透過した光が、フィルムなどを格納するスクリーンの前のミラーに反射し、プリズムに到達後、内部で全反射を繰り返した挙句、ファインダーに到達します。この時、スクリーンに投影される倒立像の天地は補正され、正像となります。シャッターを切る瞬間、ミラーはスクリーンの上部に格納されます。