フィルムの数字

写真フィルムは光に対する感度に応じて、「ISO100」「ISO400」「ISO800などの国際的区分が設けられています。ちなみに、値が小さければ小さいほど、たくさんの光となります。一方、値が大きい場合には、少量の光で済みます。

感度に応じて使い分けよう

低感度の写真フィルムの場合、光をたくさん取り入れるために絞りを開放し、露光時間を長くする必要があります。手持ち操作ではぶれやすいため、三脚の使用が求められます。したがって、手持ちで使用する場合には、ISO値が高いものを選ぶとよいでしょう。

ただし、感度が高いフィルムほど、粒子が粗めになります。特に長く引き延ばしたい場合には、撮影現場の光量を加味し、フィルムを選ぶことた大切です。ISO100は屋外用、ISO400は汎用性のものがあります。