カメラの歴史

まず、カメラの歴史についてザッとおさらいしましょう。高価なカメラ機材のコンパクト化に成功すると、瞬く間に普及しました。ついには使い捨てのカメラも登場しました。

最近ではデジタルカメラは標準化され、携帯電話やスマートフォンの機能の一部に組み込まれています。携帯電話やスマートフォンのカメラで記憶したい箇所を撮影するだけで、メモ書きの手間を省けるようになりました。

一方、写真は単なるモノではありません。モニターを通じて、光として鑑賞する機会が増えたためです。その点において、写真はカメラに投影された光と影という本来の姿に近づいたとも言えます。

カメラの歴史の扉を叩こう!

カメラが身近な生活雑貨となった今、改めてその技術の歴史を紐解きませんか?きっと人類の発明の素晴らしさを認識できるはずです。